Facebook、Instagramに並ぶ三大SNSとしてたくさんの人に利用されているTwitter(ツイッター)。

リアルタイム性が高く拡散機能があることから、アイディアを広めるときや情報を告知するときに使用されることの多いSNSです。

本記事では、フォロワーの意味や平均フォロワー数、フォロワーの増やし方や注意点などを解説します。

Twitterのフォロワーとは?

フォロワーとは、Twitterで自分のアカウントをフォローしている人のことです。

そもそも「フォロー」とは、特定のアカウントが投稿したツイートや、いいねやリツイートを行なったツイートを自分のタイムライン上に表示させる機能を指します。

フォロワーを増やすことで、自分の発信した情報を見てくれる人やリアクションをしてくれる人が増えます。

また、フォロワーが自分のフォロワーに情報を拡散(リツイート)してくれることもあるでしょう。

フォロワーが増えて影響力が大きくなれば、PR案件を受けたり、商品の宣伝をしたりすることができるようになります。

Twitterの平均フォロワー数

日本におけるTwitterのフォロワー数の平均値は648人、中央値は426人であるという調査結果があります。

【参考】日本人ツイッターユーザー調査 2016年版

同調査では、過半数のユーザーのフォロワー数が1〜499人であることが判明しており、2,000人以上のフォロワーを持つユーザーはわずか6.0%であることが分かりました。

Twitterのフォロワーを0から増やすために最初にすべきこと

Twitterでアカウントをフォローされるまでのステップは、一般的に次のとおりです。

  1. ツイート(投稿)する
  2. ツイートが閲覧される
  3. プロフィールにアクセスされる
  4. フォローされる

ツイートに興味を持ってもらい、アカウントにアクセスしてもらったあと、「有益な情報を発信するアカウントだ」と認識されればフォローに至ります。

そのためには、まず最初に以下の対策が必要です。

  • アカウントのテーマ・ペルソナ決め
  • プロフィール設定
  • アイコン・背景画像(ヘッダー)設定
  • 固定ツイートの設定

それぞれ説明します。

アカウントのテーマ・ペルソナ決め

Twitterを含むSNSでは、有名人でない限り、無益な投稿や日常の投稿をするアカウントはフォローされません。

自分の専門性や経験から得られたノウハウを発信し、「そのアカウントをフォローするメリット」を提示する必要があります。

まずは、どのような情報を発信していくアカウントなのかテーマを決めましょう。

幅広く規則性のない情報をツイートするよりも、特定の情報を発信する方がフォローされやすい傾向にあります。

有益な情報や求めている情報にユーザーが辿りつきやすくなるからです。

またアカウントのテーマを決める際、誰に情報を届けるのかといった「ペルソナ」を合わせて決めておくことをおすすめします。

性別や年齢、興味関心など具体的なターゲット像(ペルソナ)をイメージすることで、ツイートの内容や運用方針が定めやすくなり、一貫性を持たせることが可能です。

プロフィール設定

アカウントのテーマやペルソナが決まったら、アカウント名や自己紹介文などのプロフィールを設定します。

プロフィールにアクセスしてくれたユーザーに対して、「どのような人物が」「どのような情報を発信していて」「どのような実績があるのか」などの情報を端的に伝えられるようにしましょう。

アカウント名には名前だけでなく、会社名や肩書き・役職も入れるようにします。

自己紹介文には経歴や実績、現在の活動内容、ツイート内容、アピールポイントなどを記載します。

その他、リンクや位置情報、誕生日などのプロフィールも可能な限り設定しておきましょう。

リンクには外部SNSや会社・サービスサイト、ブログ、ポートフォリオサイトなどのURLを設定している方が多いです。

複数のリンクをまとめて載せたい場合は、Linktreeやlit.linkなどのリンクまとめサービスを利用することをおすすめします。

<プロフィールの例>

アイコン・背景画像(ヘッダー)設定

アイコンは、タイムラインや通知画面上で目を引き、クリック率を上げるために重要な役割を果たします。

自身をイメージしやすい写真や画像を選び、目立つ色味やデザインを施しましょう。

顔出しをしたくない場合は、イラストレーターなどプロに似顔絵作成・アイコン作成をお願いしてもいいかもしれません。

アイコンは視覚的に印象に残るため、なるべく頻繁に変えない方が吉。

「このアイコン=〇〇さん」という印象を与え、覚えてもらうことができるからです。

また、プロフィールにアクセスした際、画面上部に表示させる背景画像(ヘッダー)も有効活用していきましょう。

仕事内容や格言、肩書きなどを載せている方が多いです。

<アイコン・背景画像(ヘッダー)の例>

固定ツイートの設定

固定ツイートとは、プロフィールにアクセスした際、プロフィールの真下・タイムラインの一番上に固定表示できるツイートのこと。

自己紹介文で書ききれなかった自分の情報を多くの人に見てもらえる場所です。

具体的な自己紹介や経歴、仕事内容を記載したページへのリンクや、自分の情報をイラストでまとめた画像などを投稿し、固定ツイートに設定しておきましょう。

<固定ツイートの例>

Twitterでフォロワーを増やすための6つの施策

事前準備ができたら、フォロワーを増やすための適切な運用を行なっていきましょう。

ここではフォロワー増加に役立つ施策を6つ紹介します。

継続してツイートする

プロフィールページにアクセスされた際、自己紹介文などが充実していても、肝心のツイートが全然投稿されていないと「今は動いていないアカウントなのかも」「新しい情報がなくてフォローする価値がない」と判断され離脱されてしまいます。

継続的に情報発信を行い、タイムラインをアクティブ化しておくことが大切です。

まずは朝・昼・夜※に1ツイートずつ(1日3ツイート)からでも構わないので、アクティブなアカウントにしておきましょう。

※投稿する時間帯はアカウントのペルソナに合わせて調整する必要があります。

例えばビジネスマン向けに仕事のやり方を発信するアカウントであれば、出勤時間やお昼休み、退勤時間や帰宅後就寝前の時間など、ターゲットがTwitterを見るであろう時間帯にツイートした方が投稿を見てもらいやすいです。

ツイートする内容については、事前に設定したアカウントのテーマやペルソナに刺さる内容からブレないように要注意。

また、主観的な意見だけでなく、客観的な情報を発信するとフォローされやすくなります。

多くの人にとって気になるニュースや業界の最新情報、有益な情報などを発信するように心がけましょう。

シェアしたくなる情報をツイートする

既存フォロワーにツイートをシェア(リツイート)してもらうことで、フォロワー以外のユーザーにもリーチできます。

ペンシルベニア大学のジョナ・バーガー氏の調査によると、シェアしたくなるコンテンツには、次のいずれかの特徴が含まれているそうです。

  • 社会性:「自分は特別である」と感じさせる内容
  • 感情性:心が動かされる内容
  • 実用性:役に立つ内容
  • 同調性:みんながシェアしている話題性のある内容
  • 想起性:真っ先に何かが頭に思い浮かぶ内容
  • 物語性:ストーリー性のある内容

【参考】‘Contagious’: Jonah Berger on Why Things Catch On

シェアされるよう、意識してツイートしてみましょう。

140文字&画像付きで投稿する

Twitterで一度にツイートできる文字数の上限は140文字。

上限ギリギリまで書くことで、タイムライン上で目に留めてもらえる確率が上がります。

また、画像も同様です。

実際にHubSpot社が同じツイートを「画像あり」と「画像なし」でそれぞれ投稿(別日の同じ時間帯)したところ、画像付きツイートの方がクリック数やリツイート数、いいね数など各数値が向上したという結果もあります。

【引用】VOICE

【参考】HubSpot

ハッシュタグを付ける

TwitterはInstagramと違いテキストでツイートを検索できるため、必須ではありませんが、適切なハッシュタグの活用がおすすめです。

トレンドのハッシュタグやコミュニティハッシュタグを活用することで、より多くのユーザーにツイートが見てもらえる可能性があります。

ただし、ハッシュタグの多用や関連性の低いハッシュタグの使用は控えましょう。

自分からフォローやリプライをしに行く

自分からフォローを行うことで、フォローバック(フォローをし返してくれること)を期待できます。

ただしやみくもにフォローするのではなく、自分が発信している内容に興味を持ってくれそうなユーザーや、F/F比(フォロワー数 ÷フォロー数)が低い=フォロー数を増やすことに抵抗のないユーザーを選ぶようにしましょう。

また、リプライ(ツイートへコメントすること)でのコミュニケーションも効果的。

通知が届いてアカウントを認識してもらえたり、コミュニケーションをとって仲良くなったりすることができます。

さらに、バズっているツイート(拡散されて多くの人の目に触れている投稿)にリプライを送ることで、自分のアカウントを見てもらえる可能性がアップしますよ。

引用リツイートやメンションで交流する

フォロワー数の多いインフルエンサー(影響力のある人)のツイートの引用リツイートやメンションツイートを行う方法も効果的です。

たとえば、そのインフルエンサーが出版した書籍についての感想を引用リツイートしたり、商品の口コミをツイートしたりすることで、そのインフルエンサーにいいねやリツイートをしてもらえる可能性があります。

インフルエンサーからリアクションをもらうことで、その人のフォロワーにツイートが届き、アカウントにリーチされるようになるため、積極的に交流を行いましょう。

Twitterでフォロワーを増やす際の注意点

最後に、Twitterでフォロワーを増やす際に注意すべきことを2つ紹介します。

フォロワーを買わない

1フォロワー=○円〜など、フォロワーを買うことができるサイトも存在しますが、Twitterの公式ガイドラインではフォロワーの購入は禁止されています。

自身または他者のフォロワーやエンゲージメントを人為的に誇張することは禁じられています。これには、以下が含まれます。

フォロワーやエンゲージメント(リツイート、いいね、@ツイート、投票)を販売または購入すること

【引用】プラットフォームの操作とスパムに関するポリシー

アカウントの凍結や削除につながる恐れがあるため、フォロワーを買わないようにしてください。

アカウント凍結に注意

Twitterではスパムなどの迷惑行為を防止するため、1日のフォロー可能数が制限されています。

すべてのTwitterアカウントは1日に最大400アカウントまでフォローできます。認証済みTwitterアカウントは1日に最大1,000アカウントまでフォローできます。

【引用】Twitterのフォローについて

先ほどフォロワーを増やす施策として自分からフォローしにいく方法を紹介しましたが、上記の制限があることを認識し、アカウントが凍結されないよう注意しましょう。

また、Twitterルールに違反すると凍結される可能性があります。

たとえば、攻撃的な内容やヘイト行為などに触れるような内容、個人情報を流出させるツイートなどは禁止されています。

【参考】Twitterルール

まとめ

Twitterのフォロワーを増やすためには、Twitterの機能を理解してフルに活用していくことが大切です。

無料で利用でき、誰でもアカウントが作れるSNSであるため、コツコツ運用していく必要があるでしょう。

今回の記事を参考に運用を行い、自分なりのTwitterアカウントを作り上げていってくださいね。

投稿者プロフィール

ゆきのち
ゆきのち
大阪在住、おすすめコスメ・スキンケアなど美容情報やトレンド情報を発信するフリーライター。

美容系/スポーツ系/IT系/人事労務系/グルメ系など多数メディアでの執筆歴あり。

大学にて化学を学んだ後、大手通販会社の在庫管理・バイヤーに。

その後、コンテンツマーケティング会社のディレクター・広報を担当し、現在は独立してフリーライター・SNS運用等を行っている。

・日本化粧品検定3級(認定No.17300393535)
・アロマテラピー検定1級
・ゆきのちさんのInstagram→@yuki_nochi
・お仕事関連のTwitter→@nakano_yukino

お仕事のご依頼・ご相談は各SNSのダイレクトメッセージから。