クラウドファンディングとは、インターネット上で資金を募り、プロジェクトを実現させる仕組みです。

日本では2011年の東日本大震災をきっかけに広まりました。

比較的新しいサービスでありながら、提案者側と支援者側のどちらにも魅力のある仕組みとしてますます利用者を拡大しています。

本記事では、クラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げるメリット・デメリットと、出資するメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

クラウドファンディングで起案するメリット

クラウドファンディングの提案者(起案者)側のメリットは次のとおりです。

  • 個人でもプロジェクトに挑戦できる
  • 思いや夢、熱量を伝えられる
  • 宣伝・PRになる
  • マーケティングとして活用できる
  • 自己資金がなくとも資金調達できる

以下、それぞれ説明します。

個人でもプロジェクトに挑戦できる

一般的に、個人がプロジェクトや事業に必要な資金を調達するのは難しいとされています。

将来性や実現可能性が不確実だと、金融機関の融資審査に通らない可能性が高いからです。

クラウドファンディングであれば、支援者の賛同を集めることで個人でも出資金を得られます。

通常の融資よりも資金集めのハードルが低く、個人の力だけでは実現しにくいプロジェクトにも挑戦できる点がメリットです。

思いや夢、熱量を伝えられる

クラウドファンディングでは、提案者がプロジェクトのページを作成し、実現への想いや夢、目標達成した場合の計画などを詳細に伝えられます。

クラウドファンディングのプラットフォームやSNSを介して不特定多数の人にプロジェクトへの熱量を知ってもらうことで、ファンも獲得しやすいと言えるでしょう。

コメント欄などで支援者とのコミュニケーションをとりながら想いを伝えることもできます。

宣伝・PRになる

クラウドファンディングは、事業開始前の資金調達の段階から多くの人にプロジェクトを知ってもらえる方法。

支援者以外にも、興味本位でページを見た人や、ほかのプロジェクトの提案者にもプロジェクトの存在を知ってもらえます。

支援を呼びかけると同時に、新しいプロジェクトの宣伝効果も見込める点がメリットだと言えるでしょう。

注目を集めるとメディアに取り上げられることもあり、費用をかけずに宣伝・PRが可能です。

また、資金調達後もクラウドファンディングで集めたファンの存在がプロジェクトの成功に寄与します。

自らの意思で出資を行った支援者は、プロジェクトの開発中・準備中の段階から進捗を見守るので、プロジェクトの思い入れが深くなります。

支援者の中から愛着や忠誠心を持つファンをいかに多く作り、商品やサービスを長く利用してもらうかが大切です。

マーケティングとして活用できる

クラウドファンディングがいかに話題になり、どの程度の資金が集まるかで、そのプロジェクトが世間に受け入れられるか、改善が必要かどうかの目安になります。

資金集めと同時に、テストマーケティングできる点もメリットです。

また支援者を分析することで、どのようなターゲットにアプローチしていけば成功するのか見通しを立てられます。

自己資金がなくとも資金調達できる

クラウドファンディングのプラットフォームへプロジェクトを掲載する際、審査は必要であるものの、利用は無料です。

金融機関から融資を受ける場合は自己資金がないと審査に通らないケースが多いですが、クラウドファンディングだと自己資金がなく事業経験が浅い方でも気軽に始められます。

書面上の面倒な手続きがなく、インターネット上で完結できる手軽さもメリットでしょう。

クラウドファンディングは原則完全成果報酬制で、目標未達成で支援金を受け取らなかった場合はプラットフォームの利用手数料が発生しません。

また目的や予算などに応じて、目標金額達成時のみプロジェクトを実行する「All or nothing方式」と、一人でも支援者がいれば未達成でも実行する「All in方式」の2つの実施方式から選択できます。

支援者側が出資のリターンとして商品やグッズ、サービスを受け取る「購入型」のクラウドファンディングであれば、支援金を返済する必要はありません。

<補足:購入型以外のクラウドファンディングの種類>

  • 寄付型:支援者がお金を寄付し、基本的にリターンは発生しない
  • 融資型(ソーシャルレンディング):投資家が出資し、金銭的リターンを得る
  • 株式型:投資家に未公開株を提供して資金を募る

クラウドファンディングで起案するデメリット

クラウドファンディングで資金を集める場合、次のようなデメリットも存在します。

  • プロジェクト遂行の責任が伴う
  • 資金調達に時間がかかる
  • 資金調達を達成できない場合がある
  • プロジェクトを取り下げられない
  • プロジェクト内容を真似される

以下、それぞれ説明します。

プロジェクト遂行の責任やリスクが伴う

提案者には、プロジェクトを遂行する大きな責任が伴います。

支援者は一人二人ではなく何十人、何百人と集まることも少なくありません。

場合によっては何万人もの人々がプロジェクトを応援してくれる可能性があります。

目標金額に達成したら確実にプロジェクトを遂行しなければならず、支援者へのリターンの確保が必要です。

通常の資金調達と違って不特定多数の人々を対象にしているクラウドファンディングでは、購入型ならリターンである商品やサービスの発送、融資型なら分配金の振込といった作業・手続きが発生することを覚えておきましょう。

支援者はプロジェクトの将来性に期待して出資をしてくれています。

確実に実行できるように計画を練った上でプロジェクトを公開し、開始後はこまめに進捗報告を行うようにしてください。

なお、プロジェクトが遅延したり、頓挫したりすると支援者とのトラブルに繋がるリスクもあります。

資金調達に時間がかかる

クラウドファンディングでは、プロジェクトの準備期間・募集期間を経て資金を集める必要があり、達成後も申し込みから入金までにはさらに時間がかかります。

どの程度の期間が必要なのかは目標金額や支援者の数によって異なるため、具体的な基準はないものの、2ヶ月〜5ヶ月程度かかることを想定しておきましょう。

金融機関による融資制度の場合は、申し込みから資金調達までにかかる期間は長くても1〜2ヶ月程度です。

このようにクラウドファンディングは急ぎの資金調達には適しておらず、時間的な余裕があるプロジェクトや資金の一部を賄いたいプロジェクトに向いています。

すぐに支援金が手に入るわけではないことを理解し、必要に応じてほかの資金調達方法も検討しておきましょう。

資金調達を達成できない場合がある

クラウドファンディングを行なったからといって、当然ながらすべてのプロジェクトが成功するわけではありません。

目標が達成される確率は明確に公表されていないものの、20%〜30%程度であると推測できます。

支援金が目標金額に満たない場合は、プロジェクトの規模を縮小したり、頓挫しなければならないでしょう。

プロジェクトページの作成やPRにかかった労力と時間が無駄になることも。

また、未達成でも実行されるAll in方式の場合は、プラットフォームの利用手数料(支援金の10%~20%)や支援者へのリターンの準備・発送などのコストがかかることで、プロジェクトに使える費用が集まらないケースもあります。

プロジェクトを取り下げられない

クラウドファンディングでプロジェクトを公開すると不特定多数の人の目に触れることになり、批判や不評を受けたり、悪い方向に拡散されたりする恐れもあります。

インターネット上で一度広まってしまうと、削除は難しいです。

プロジェクトページの公開前には炎上の可能性はないか、誤解を招く表現を含んでいないかなど念入りにチェックを行いましょう。

また、一度プラットフォームに公開したプロジェクトは成功しても失敗しても原則削除できません。

プロジェクトの内容や活動状況、失敗した場合はプロジェクトの問題点などを支援者へ明確に提示しなければならないからです。

資金が集まって事業がスタートしても途中で頓挫した場合は、支援者が多ければ多いほど、一気に社会的な信用を失うリスクも考えられます。

軽い気持ちで始めて後悔しないよう、事前に先のこともじっくりと考えたうえで利用してください。

プロジェクト内容を真似される

クラウドファンディングでは、まだ実現していないプロジェクトやアイデアを公開します。

共感やファンを得られる一方、それを見た誰かに内容を真似されたり盗まれたりする可能性があります。

先述のとおり資金調達までには時間がかかるため、資金が集まって開始する頃には類似サービスが先にリリースされているかもしれません。

プロジェクトを守る方法として、特許の出願が挙げられます。

利用するプラットフォームによっては特許に関係する手続きをサポートしてくれるサービスも。

プロジェクトの公開前に手続きを行っておくことをおすすめします。

クラウドファンディングで支援するメリット

続いて、クラウドファンディングの支援者(出資者)側のメリットをお伝えします。

  • 少額からでも出資できる
  • 社会貢献をしながらリターンを得られる
  • 寄付型クラウドファンディングで節税できる

以下、それぞれ説明します。

少額からでも出資できる

クラウドファンディングでは、場合によっては数百円〜など少ない金額からでも出資できます。

複雑な金融知識がなくとも、プロジェクトページから気軽に支援することが可能です。

通常では資金調達できないような大きなプロジェクトの成立に関われる可能性もあります。

知らない人へインターネット上でお金を払うことに抵抗のある人でも、少額であれば出資しやすいのではないでしょうか。

自分が出資したプロジェクトが話題になったり、受賞したりしたら社会的意義や満足感を感じられるでしょう。

寄付と違ってプロジェクトの進行状況やお金の使い道が透明で、プロジェクトに参加している感覚を味わえます。

社会貢献をしながらリターンを得られる

クラウドファンディングでは、投資型ならお金を、購入型なら商品やサービスなどさまざまなリターンを得られます。

一般では販売していない特別なグッズやサービス、支援者限定の先行販売や権利といったリターンが用意されているプロジェクトもあり、これらの特権を得られる点がメリットでしょう。

脳科学では、人間の脳は「人を喜ばせることで自分も幸せを感じられる」とされています。

誰かを応援して喜ばせることができるうえ、リターンを得られる仕組みはクラウドファンディングならではのメリットです。

寄付型クラウドファンディングで節税できる

クラウドファンディングの中でも寄付型は、出資金が寄付金控除の対象となります。

社会貢献をしながら、所得税や住民税を減額できる点がメリットです。

なお、寄付金控除では、寄付金から2,000円を差し引いた金額が翌年の税金から差し引かれます。

クラウドファンディングで支援するデメリット

一方で、クラウドファンディングで出資するデメリットは次のとおりです。

  • 出資の取り消しができない
  • リターンを得られない可能性もある

以下、それぞれ説明します。

出資の取り消しができない

クラウドファンディングでは、資金を支援した後に気が変わっても取り消せない場合が多いです。

購入型クラウドファンディングでは、All or Nothing方式だと目標未達成時に決済されませんが、目標達成となれば決済されます。

取り消しができないことを事前に認識した上で出資しましょう。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)や投資型クラウドファンディングでは、募集期間終了前であればキャンセルができるケースもありますが、期間終了後は原則キャンセル不可です。

リターンを得られない可能性もある

クラウドファンディングはビジネスとして成立する前のアイデアやプロジェクトが多いです。

そのため、提案者の見通しの甘さが原因でリターンが用意されない可能性もあります。

出資金が目標金額に達してプロジェクトが実行されたとしても、上手くいかずに失敗することも。

失敗したからといって出資したお金をそのまま返してもらうことは基本的に不可能です。

また、審査があるクラウドファンディングのプラットフォームにおいてはレアなケースですが、出資金の達成額を持ち逃げする提案者もまれに存在します。

資金を提供する前に、プロジェクトの内容や主催者の情報、担保や規約などをチェックし、疑問点を解消するようにしましょう。

まとめ

資金を集めたり、支援したりする方法として注目されているクラウドファンディング。

提案者・支援者それぞれにメリット・デメリットの両方が存在するため、利用の際はじっくりと検討するようにしましょう。

投稿者プロフィール

ゆきのち
ゆきのち
大阪在住、おすすめコスメ・スキンケアなど美容情報やトレンド情報を発信するフリーライター。

美容系/スポーツ系/IT系/人事労務系/グルメ系など多数メディアでの執筆歴あり。

大学にて化学を学んだ後、大手通販会社の在庫管理・バイヤーに。

その後、コンテンツマーケティング会社のディレクター・広報を担当し、現在は独立してフリーライター・SNS運用等を行っている。

・日本化粧品検定3級(認定No.17300393535)
・アロマテラピー検定1級
・ゆきのちさんのInstagram→@yuki_nochi
・お仕事関連のTwitter→@nakano_yukino

お仕事のご依頼・ご相談は各SNSのダイレクトメッセージから。