オンライン上での資金調達方法である「クラウドファンディング」は個人・法人問わずたくさんの人々に利用されており、立ち上がったプロジェクトも多数存在します。

MakuakeやCAMPFIREといったプラットフォームの審査さえ通過すれば、誰でもプロジェクトを掲載できるため、「乞食行為」などのマイナスイメージを持たれてしまうことも少なくないようです。

本記事では、クラウドファンディングがマイナスイメージを持たれる理由や、炎上しないための注意点などを解説します。

そもそもクラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、実現させたい目標や夢をプロジェクトとしてインターネット上に公開し、資金を募る仕組み。

群衆を意味する「クラウド(crowd)」と資金調達を意味する「ファンディング(funding)」が組み合わさった造語です。

プロジェクトの提案者は「商品やサービスを知ってほしい」「飲食店開業のための資金を調達したい」「イベントを開催したい」「社会問題を解決したい」などの理由でプロジェクトを立ち上げます。

それを見てプロジェクトの内容や活動に共感した人が支援者となり、クラウドファンディングサイトを通じて応援するという形です。

もっともメジャーな「購入型」のクラウドファンディングでは、提案者から支援者にリターンが用意されており、出資金額によってモノやサービスなどを受け取れるようになっています。

従来は実現させたい事業や活動があった場合、金融機関からの融資を受けたり、投資家から出資してもらったりする方法が資金調達方法として一般的でした。

クラウドファンディングの出現で資金調達の幅が広がり、インターネットを通じて資金を集められるだけでなく、多くの人にプロジェクトをPRできるようになったのです。

【関連】クラウドファンディングのやり方とは?起案or支援の手順をわかりやすく解説!

クラウドファンディングが乞食だと言われる理由

クラウドファンディングは不特定多数の人から資金を集める手法であるため、「乞食行為(物乞い)」であると悪い捉え方をされることもあります。

※乞食行為:不特定の人に哀れみを乞い、自己または自己の扶助する者のために生活に必要な金品を受けようとすること【軽犯罪法 新装第2版より】

マイナスイメージを抱かれる理由として考えられるのは次の3つです。

  • 実質的なリターンがゼロである
  • 私的な“おねだり”に利用している
  • 個人の努力で実現できる範囲である

以下、それぞれ解説します。

実質的なリターンがゼロである

クラウドファンディングの種類でもっとも主流である「購入型」では、プロジェクトに共感した支援者が出資し、それと引き換えにリターンを受け取ります。

「寄付型」ではないのにリターンが出なかったり、金額に見合っていないリターンだったりするプロジェクトは炎上しやすいです。

また、集まった資金の使い道の透明性も大切。

なかには資金が集まったにもかかわらずプロジェクトが実行されず、リターンもゼロ、結果的に資金が持ち逃げされた事例もあります。

使用用途を明示し、お金をもらったのではなく「売買契約を結んだ」と考えて、適切なリターンを提供しましょう。

私的な“おねだり”に利用している

クラウドファンディングは本来、新しいアイディアの実行や商品の開発、社会貢献などに利用されるもの。

世の中や人々にメリットがあるプロジェクトでなければなりません。

「欲しいものがある」「借金を返済したい」など自分のためだけにクラウドファンディングを利用すると乞食行為と捉えられるでしょう。

過去の炎上事例として、とある女子大生による「途上国の子供達の夢バトンをつなぐ」というプロジェクトが挙げられます。

支援者にスケッチブックを送って夢を書いてもらい、その続きを発展途上国で出会った子どもたちに書いてもらうという一見公益性の高そうなプロジェクトでしたが、結果炎上。

予算の内訳が「カメラ代:15万円、航空機代:18万円、生活費:93万円」などほとんどが企画とは関係のない費用であったため、「他人のお金で旅行したいだけでは?」と批判を集めてしまいました。

別の事例として、とある女子大生ブロガーが「MacBookが欲しい」という理由で資金を集めたプロジェクトが挙げられます。

自己満足な内容に当初から批判はあったものの、炎上したのはプロジェクトで資金を集めたあとでした。

当初Macbookの購入に充てられるはずだった資金は、Surfaceの購入に充てられてしまったのです。

支援者を騙す形になってしまったことや見通しの甘さが炎上の要因だと考えられるでしょう。

自分だけに利益のあるプロジェクトではなく、他の人に利益になったり社会の役に立つプロジェクトにクラウドファンディングを利用してください。

個人の努力で実現できる範囲である

クラウドファンディング大国であるアメリカやイギリスでは、億単位のプロジェクトもちらほら。

大きな夢や目標を叶えるためにクラウドファンディングが利用されていることがわかります。

日本でも大きなプロジェクトがいくつも存在していますが、なかには簡単に実現できそうなプロジェクトもあります。

たとえば目標金額が10万円程度の少額すぎるプロジェクトの場合、内容が素晴らしくても「自分で働けばすぐ貯められるのでは」「貯金で賄えるレベル」と判断されてしまうでしょう。

クラウドファンディングという名目のもと他人からお金を貰いたいだけのプロジェクトだと判断されて炎上する恐れがあります。

あまりにも小規模なプロジェクトは、提案者の熱意や真剣さが伝わりにくく、乞食行為と批判される場合があるため注意してください。

本当にクラウドファンディングを活用しなければならないプロジェクトなのかをよく考えましょう。

クラウドファンディングで炎上しないためのポイント

立ち上げたプロジェクトが「乞食行為」だと捉えられてしまうと炎上し、批判が殺到したり、個人情報がさらされたりすることも。

最悪の場合は軽犯罪法違反で罰される可能性もあります(軽犯罪法1条22号)。

クラウドファンディングで炎上しないための注意点は次のとおりです。

  • 自分のためでなく、支援者に利益のある状態にする
  • リターンを明確にし、金額に見合ったものを用意する
  • 集めた資金の使用用途を明示する
  • 集めた資金はプロジェクトに関係のあることに使用する
  • 努力して用意できる費用であればクラウドファンディングを利用しない
  • 計画をきちんとたてて一貫性のあるプロジェクトにする
  • 目標達成後も真摯にプロジェクトの実行やリターンの発送を行う

今後クラウドファンディングを利用する予定の方は、これらの注意点を押さえて批判されないようなプロジェクトを提案しましょう。

まとめ

クラウドファンディングは、未完成のプロジェクトに対して資金をいただく行為です。

基本的には

  1. 誰かのためになる
  2. 支援者にリターンが返ってくる
  3. 社会貢献性が高い

といった要素を持ち合わせています。

ここから外れて私利私欲のためのプロジェクトを公開すると、乞食行為と捉えられ、炎上してしまうでしょう。

提案者が支援者に「応援したい」「この商品が欲しい」と思ってもらうには、いかに信用を集めるかが大切になってきます。

「資金をください」ではなく、目的は何で、集まった資金で何をして、リターンは何なのかを伝えられるように計画性を持って利用してくださいね。

投稿者プロフィール

ゆきのち
ゆきのち
大阪在住、おすすめコスメ・スキンケアなど美容情報やトレンド情報を発信するフリーライター。

美容系/スポーツ系/IT系/人事労務系/グルメ系など多数メディアでの執筆歴あり。

大学にて化学を学んだ後、大手通販会社の在庫管理・バイヤーに。

その後、コンテンツマーケティング会社のディレクター・広報を担当し、現在は独立してフリーライター・SNS運用等を行っている。

・日本化粧品検定3級(認定No.17300393535)
・アロマテラピー検定1級
・ゆきのちさんのInstagram→@yuki_nochi
・お仕事関連のTwitter→@nakano_yukino

お仕事のご依頼・ご相談は各SNSのダイレクトメッセージから。